コンテンツ

トイレの水漏れが起こる原因と対処

排泄物を流すために水を使用するトイレで起こる可能性があるのが、水漏れなどの水に関するトラブルです。これまでトラブルに遭遇したことがないという人もいますが、毎日使用している以上ありえないとは言い切れず、万が一トラブルが起こった際に慌てずに済むように、原因や対処法を知っておくことが大切です。

■給水管やトイレタンクで起こる水漏れの原因と対処法

便器内に水を流すために給水している給水管や水を溜めているタンクは、常に水を使用していることからどうしてもトラブルが発生しやすくなる箇所です。その多くの原因は長年使用していることによる経年劣化であり、使用している期間が長ければ長いほど、使用する回数が多ければ多いほどトラブルが発生する確率は高くなります。使用する頻度にもよりますが、だいたい10年から15年で寿命が来ると考えておいてよいでしょう。ネットなどでトイレ 水漏れと検索すると経年劣化によるトラブルが報告されていることも多く、多くの人が同じような原因でトラブルに遭遇していることがわかります。基本的な対処法としては、劣化した部品の交換などを行うことがほとんどです。

■便器内や排水管で起こる水漏れの原因と対処法

便器内や排水管でトラブルが起こっている場合の原因として多いのが、詰まりです。水洗式のトイレが主流になっており、近年では最小限の水で便器の中を洗浄する節水型のトイレなども広く普及していますが、通常の水流では流れない量や物などが詰まることによって、最悪の場合には水や汚物が逆流してしまう可能性もあります。対処法としては、まず何が詰まっているのか、どこで詰まっているのかを特定し、詰まりを取り除く作業が必要になります。

■まとめ
トイレのトラブルは起こってしまうと大きな被害につながる可能性も高いことから、万が一に備えて修理業者を探しておくなど普段から対策を整えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ