コンテンツ

トイレの水漏れは放置すると被害が拡大する

毎日使用する中で大量の水を使うトイレでは、水のトラブルはつきものですし、場合によっては床下に浸水したり、壁紙が剥がれるなど大きな被害が起きることもあります。住宅の作りや周辺住民などにも迷惑をかけることが予想されるので、トイレで水漏れなどの不都合なことが起こった際にどんな被害が考えられるのか知っておきましょう。

■最も怖いのは便器や排水管からの逆流

トイレのトラブルの中でも、多くの人が怖いと感じる問題は便器や排水管からの糞尿の逆流です。流した水だけなら良いですが、水と一緒に流れていった排泄物も吹き出してくる可能性が高いことから、溢れてしまうと被害は甚大なものになります。衛生面を考えても非常に厄介なことです。アパートの場合は下の階の住民にも迷惑をかけてしまうこともあり、自分の家以外にも拡大する可能性があります。便器や排水管のトラブルにおける原因の多くは詰まっていることにあり、大量のトイレットペーパーを使用したり、流せないようなものを流したり、異物を落としてしまったりすることで、詰まりが起こります。

■集合住宅の場合は損害賠償請求に発展することもある

アパートなどの集合住宅で、水漏れなどのトラブルが発生すると自分が住んでいる部屋以外にも被害が拡大する可能性があることから、被害のあった部屋の住民や物件のオーナーから損害賠償を請求されるケースがあります。そうなると高額な費用が発生してしまう場合もあるので、そういった状況に備えて損害賠償請求をカバーすることができる保険に加入しておくようにしましょう。損害賠償をカバーする保険は単体で取り扱われていることは少なく、火災保険などに付帯するものがほとんどです。

■まとめ
トイレで水のトラブルが起こると、簡単な修理からトイレの交換まで修理内容としては考えられますが、まずは被害を最小限に食い止めることができるように、普段からこまめにチェックをしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ